スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街中花園

神戸の山手、山本通で見かけました。
歩道上に私物を置くこと、いろいろご意見があることでしょうが、
道行く人の目を楽しませてくれているのは確か。
__ f4

放置自転車とかとは少し性質が違う気もするし、
地元のおばあさん?が一生懸命世話しているのも伝わり、
車椅子通行の邪魔になるほど幅を取ってるわけでもないし、
個人的には「ま、いいんじゃないの」って思っちゃうね。

これからも道行く人々の目を楽しませてくれることでしょう。
__ f5
スポンサーサイト

VWゴルフ カブリオレ 1年間のドライブ経過報告

5月でVWゴルフ カブリオレに乗り換えて、一年が過ぎました。
このところ、アルファード、ヴァンガードと、主にミニバンやSUVを乗り継いで来たので、
とても新鮮な気分でいます。

ゴルフに限れば、アルファードをメインに乗っていたときにセカンドカーで乗っていたⅣ世代目・赤のGTI以来の、
7年ぶりとなります。(これはこれで、かなり魅力的でした)

そこで、一年にわたりVWゴルフ カブリオレを乗ってきて感じたことを気ままに記してみました:
__v1.jpg
タイプは「エクスクルーシブ」です。
外観の違いは白色塗装が「パールホワイト」になっていることと、アルミホイールの形状、
ミシュランタイヤのサイズくらいかな・・・
セールス氏の「70台限定モデル・希少です」との殺し文句に乗せられた感もありますね。
試乗時の電動ソフトトップがスッと開いた時の解放感にシビレ、衝動買いしてしまいました。

ノーマルゴルフよりフロントウィンドウの傾斜角度がかなり鋭く、まったく違った、
かなりオシャレな印相を受けます。
Ⅶ代目ゴルフが街中で目立ちだしましたが、カブリオレに関してはこのⅥ代目が現行モデルとなります。


ハッチバックゴルフとの違いが一目瞭然のリアビュー:
__v2.jpg
トランクルームも意外と広く、実用性が高い。

神戸の旧居留地大丸エリアで停車していると、特に中高年の方から、
「これ何?」とか、「これ電動で開くの?」とか、
なんで「TSIが三文字とも赤色になっているの?」とか、いろいろ声をかけられることが多いです。
オープンで走行しているときは、若い娘さんドライバーやカップルから興味津々でのぞかれることが多いですね。

そこはやはりメルセデスやBMWのオープンモデルよりも親しみやすく、
一般に受け入れられやすいのではないでしょうか。


ソフトトップをオープンにすると、印象がガラリと変わり、かなりスポーティーになります:
__ vw3
「エクスクルーシブ」には、専用のモカとブラックツートーンのバケットタイプ革張りシートが与えられ、
内装全体にも同じ色使いが施され、外からの目をかなり意識して作られています。
この革張りシート、夏場の熱を吸収しにくい素材だそうです。
このシート、ヒーター機能も当然装備されており、神戸なら冬でも我慢せずにオープン走行全然OKです。


子供たちが皆独立し、夫婦二人で新たな気分になったことをきっかけに、
これまで温めてきたオープンモデルを実現させたわけですが、
それでも「誰かが乗ることもあるだろう」と考え、
大人四人が不自由なく乗れることが前提でした。
__ vw4
この娘、しっかり大人4人を乗せ、何らストレスなく「日常」をこなしてくれます。
申し遅れましたがGrin、身長190センチですが、
Grinがしっかりドライビングポジションを取っての話ですよ。
しかもなんと、クローズにした状態でもGrinの頭上には拳ひとつほどの余裕があります。


で、これまでの走行経験から以下まとめてみました:

☆ここが良い!
とにかくスムーズな走り。街中を流す時は驚くほどの静粛性。
その気になれば別次元の加速性能。
スピードメーターは最高速240キロ(同じエンジンを積んでいるシロッコはなぜか280キロなんだけど…)
高速道路SAから本線に合流するときに、後方車両が迷惑そうにいったん追い越し車線に移動するのだけど、
こちらの加速性能に驚き、すごすごと走行車線に戻ることしばしば。
これ、バックミラーで見ていてとても痛快ですね。

小回りもホンダフィット(次男が乗っているのだ)並みに回り、街中での取り回しが楽です。


へたくそでもコーナリング限界速度軽くプラス10キロのサスペンション・安定性。
六甲のワィンディングロードをへたくそでもそれなりに、しかもかなりの安心感で攻めること可能。

オープン約9秒、クローズ約11秒、現状最も完成された電動ソフトトップ。
オープン走行中に、ポツリポツリと来たことが何度かありました。
そんな時でも全くあわてることなく、信号待ちなんかでさっと閉じれます。
しかも30キロ以下なら走りながら開閉できます。

夫婦二人旅行なら十分な広さのトランクルーム。
オープントップモデルの泣き所、収納性の低さ、この娘には無縁です。

かなり賢いDSG7速。
街中で結構こまめに、しかも気づかないくらいスムーズにシフトアップ・ダウンをやってくれています。
六甲下りでのエンジンブレーキも信頼できますよ。

とにかく国内ではあまり見かけないこと。
この一年間、芦屋で一度、夙川で一度、神戸で一度見かけただけ。
そのいずれも「エクスクルーシブ」ではなかったよ。
そういえば近くのディラーで試乗車を探す時も苦労したくらいだったよな。

あと、あまり関係ないかもしれないけれど、加速時の「シュゥ~ン」というチャージャ音がかなり心地よい。


★ここがいまいち:
Grin的には満足いくデータなんだけど、カタログほどの燃費の良さは感じたことがない。
通勤時の一般走行でリッターあたり9キロ台。
高速走行時で15キロ程度かな。
スーパーチャージャーとターボチャージャーのツインチャージャーで、
エンジンスペック以上のハイパワーであることを割り引いても、
高いハイオクガソリンであることを考えると、もう少しカタログに近い数値であってほしいけどね。

特に冬場、エンジンがぬくもるまでの坂道発進なんかで結構気を使う。
低速域でのトルク不足をしばしば感じることにも通じることだけど、
アクセルの踏み込みが足らないとエンジンが停まってしまいそうな感覚に陥り、
踏みすぎると急に「ドッカーンターボ」になり、慣れるまで微妙なアクセルワークに神経を使います。
「停まってしまうのではないか」と不安にさせるような、不快な「ゴロゴロ」感をもう少し何とかしてほしい。

納車時に車底部分についていた(残っていた)「ホットワックス」が取りにくかった。
船で運んでくるときに車体を守るためのものだとしても、
納車時にもう少し丁寧にとっておいてほしかったよね。


★これまでの少しばかりのトラブル
登り坂で転がしながら走行していて、
ほぼ止まりそうなくらいで再度アクセルを踏み込んだとき、「ガックン」といった衝撃を2回経験した。
定期点検時に言ったところ、「プログラムも含めてみておきます」といわれ、
調整した結果かどうか、その後はこの症状、出ていない。

納車その日に、電動ミラー調整・格納つまみがポロッと落ちたこと。
これには納車に来たセールスの方がびっくり。
すぐに持って帰り、取り替えるのは当然としても、
Grinが乗る前に、この余分な往復ですでに50キロ超も走ってしまったなんて、笑えんでしょう。
ま、ええ担当だったから、何も言わんかったけど。
(汗をかきかき、照れながら花を持ってきたのもかわいかったしね)
それにしても、つまみ部品の根元というか、芯というか、その所が樹脂製なんだよね。
国産ならまず金属製だと思うのだが…

それ以外にはさしたる問題もなく、
標準モデルが「国際的基準カー」としての、そのポテンシャルの高さを日々感じています。

また気づいたことを気の向くままに書いていこうかな…


 ↑ もしよければ、クリックしてね。
ついでに拍手もしていただけるとうれしいな。

2014年五月、裏山の様子が例年と比べて少し変

例年、蒼銀色に光るトカゲがチョロチョロしだしてから、
ニョロニョロ蛇さんが出てくるのだけれでど、
今年は早々に蛇が出てきた。

しかもこれは二週間前の写真:

KC4D0001.jpg
えらい細長い奴やなぁと見ていたら、
二本に分かれた:

KC4D0002.jpg

鱗が綺麗に光っていたから、まだ若い個体なのだろう。


あと、通常は山裾や河原の土やらをごちゃごちゃにしている猪が、
土砂流出防止用の土嚢をめちゃくちゃにしていた。

__y1.jpg

餌のミミズが足らないんやろうか?


 ↑ もしよければ、クリックしてね。
ついでに拍手もしていただけるとうれしいな。

神戸の裏通りを歩いてみよう!素敵なお店がいっぱい!!

皆様、お久しぶりです。

さて、ゴールデンウィークはどこも車でいっぱい。
そこで、渋滞と行列が最も苦手なGrinは、例年、逆に人気の失せた町中を散策することにしています。
もちろん、デパートやショッピングセンター的なところは避けて。

で、今年も新発見!

神戸市役所表通り(通称税関線)の一本東裏通りをしばらくぶりに歩いてみると、
なんや素敵なお店がたくさんできてるやないの。



これがご存知税関線:
__ z3



神戸ビーフのステーキハウスや、神戸野菜をを食材に用いたイタリアンレストラン、
十割りそばと天ぷらのお店(但し洋風というか、従業員皆コックさんスタイル)、
今はやりのスゥィーツのカフェやら、とても賑やか。

思わず十割りそばと天丼のセットをいただいてしまったよ。


これがその「一本東の裏通り」ね:
__ 1

個々のお店を紹介するのはちょっと遠慮するね。(ほかに一杯その手のサイトはあるでしょうから)
実際に神戸の街を楽しく歩いて探してみてね。


さらに少し南に下ると・・・
__ z2

ここらあたりの高層マンションの1階にも、
なんだか素敵なレストランができたいた。

次はそこでいただこうっと。



 ↑ もしよければ、クリックしてね。
ついでに拍手もしていただけるとうれしいな。

ペットを捨てないで!

山歩きの途中、ふと何気なく見上げると、
2階ほどの高さのある石垣上部にこんなのが捨てられていた:
mini_131229_1003-1.jpg
どう見てもペットキャリー用のバック・ケージでしょう?
このすぐ上は「再度筋ドライブウェイ」。
そこから投げ捨てられたのか…

この辺りは野良にゃん転じて山猫がたくさん見られる。
自然繁殖しているようだけど、子猫が育つには過酷なようで、
一定の数を保っているよう…

たった1頭いた野良ワン転じて山犬は、3年ほど前から見かけなくなった…
(かなり大きな雑種の子だった。人からは一定の距離を保ち、悲しげな目をしていた)

近くの「太子の森」では大きく肥えたラスカル・アライグマが悠々と歩いているのを見かけたりもする。

ええ加減にしてほしいね!

ケージ上部のふたが空いているのが見て取れるので、
中にいた子、上手く逃げ出せたのかな?
怪我して無ければ良いけど…

お前には罪はないのだから、何とか生き延びておくれ。


 ↑ もしよければ、クリックしてね。
ついでに拍手もしていただけるとうれしいな。




プロフィール

Grin(グリン)

Author:Grin(グリン)
WELCOME!歓迎光臨!!ようこそ!!!
仕事柄、普段歩く機会がないので、休みの日にはなるべく歩きまわるようにしています。
(趣味もドライブと乗馬だから、無理もないか…写真は愛用のナイキACGです)
実寸大の山や街の情報をお届けしますね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。